384時間熟成とは?

384時間熟成は、枯らし熟成と低温熟成を組み合わせることで、

食欲をそそる"芳醇な香り"
口に含めばとろ〜り"とろける肉質”
中盤には口いっぱいに溢れ出る"奥深いコクと旨み"
『ゴクッ』と飲み込めば"洗練された霜降り"が、
喉を潤すかのように通り抜け、

"あなた史上最幸"に胃も心も満たす。

【枯らし熟成】

枯らし熟成

昔から行われている熟成法で、 1℃~4℃に設定した専用の冷蔵庫内で、屠畜したばかりのお肉を枝肉のまま数週間吊るします。

それにより、肉の中の余分な水分が抜け、肉の表面に肉を美味しくする菌が自然に繁殖

その結果、食欲をそそる”至福香”とも呼ばれる”芳醇な和牛香、”ゴクッ”と呑み込めば口いっぱいに拡がる”奥深いコクと旨み”がプラスされる。

 

 【低温熟成】

低温熟成 専用冷蔵庫

”熟成法のさらに上の熟成法”とも言われ、専用の冷蔵庫で、お肉が凍り出す『氷結点』で鮮度を保ちながら数日~数週間、熟成。

お肉が凍るまいという防御反応を故意的に起こし、旨み成分のアミノ酸糖類を含んだ不凍物質を蓄えさせ、さらに旨味・コク・柔らかさを増したお肉へと変貌させる。

その結果、口に含めばとろ~り”とろける肉質”に、喉を潤すかのような”洗練された霜降り”をプラスする。

さらに肉を熟成させながら徐々に冷凍するため、食べたい時に食べれて、冷凍保存で6ヶ月以上保存可能。

この枯らし熟成と低温熟成を掛け合わせることで起こる化学反応が、

”あなた史上最幸”に胃も心も満たす肉体験を提供する。